資料請求はこちら!

大学生などのWスクール制度について

当校は、従来から通信制高校や通信制大学との単位互換による教育連携制度を推進してまいりましたが、学歴社会から学習歴社会への移行と共に、ICT環境の進展に伴って、ハイレベルなICT教育設備と教育スタッフの充実など教育環境を整備。今後は大学1部や2部との教育連携制度の推進を図っているところです。

当校の1-4年制専門課程は、夏休みを8月の1カ月に限定して年間授業日数を増やすことで、半日学び半日働けるデュアルシステムを運用しておりますが、このシステムを準用して、大学3・4年生が、午前は当校での履修でIT系の国家資格に挑戦し、午後からは近隣の大学でゼミや講座を履修する「ダブルスクール制度」を整備しているところです。

このような状況の中で、最近は大学・短大の学卒未就職者などの当校1年制情報ビジネス学科や1年制マルチメディア研究科への出願が増えつつあります。

また、大学3・4年生等が、午前は当校の1年制情報ビジネス学科でIT・情報処理・Webデザイン系の講座を履修し基本情報技術者などの国家資格に挑戦。午後からは大学のゼミや講座を履修する「ダブルスクール制度」を推進中です。

殊に最近は離職者等再就職訓練では、20歳代のITの初心者から、システム開発30年位の学び直しを目的とする50歳代の方まで、年齢と習熟度のバラツキの大きい方々を対象とする職業訓練の受託で、当校の職業教育レベルと就職支援体制は格段に向上しております。

当校が、キャリア・カウンセリングや就職支援体制の強化を図って、Wスクール生が適職志向の就職活動に成功出来るようサポートいたします。なお、希望者には当校のキャリア・コンサルタントが個別相談の形で適職診断や進路相談に対応させていただきますので、お気軽にご相談ください。

当校の職業教育の研究・実践活動については、学事報告と自己点検・自己評価報告書を参照してください。